婦人科一般

子宮内膜症とは。原因、症状、検査方法について解説します。

投稿日:

近年、世界中で子宮内膜症にかかる女性が増加しています。

あまりにひどい生理痛があったら、子宮内膜症が隠れているかもしれません。

子宮内膜症は不妊症や卵巣癌の原因になるとも言われ、現代女性にとって非常にやっかいな病気になりつつあります。

今回は子宮内膜症の原因、症状、検査方法に関して解説します。

1. 子宮内膜症とは?

ここでは子宮内膜症が起きるメカニズムと、なぜ現代女性に子宮内膜症が増えているのか、そして子宮内膜症の症状について解説します。

1-1. 子宮内膜症の原因

子宮内膜症の病態は完全には解明されておらず、ここでは今ある仮説から推定される原因を解説します。

 

子宮内膜症とは、その名の通り「子宮内膜」がお腹の中や卵巣、子宮に散らばって悪さをする病気です。

女性の子宮の内膜は、赤ちゃんを妊娠するために生理周期に従って薄くなったり厚くなったりを繰り返しています。

生理直後は子宮内膜は薄く、排卵直前では子宮内膜は厚くなります。

これは、赤ちゃんが子宮の中に着床できるようにフカフカのベッド(子宮内膜が厚くなって準備している)を準備しているのです。

もし妊娠しなければ、厚くなった子宮内膜は不要となり生理出血として腟から出ていきます。

女性はこの周期をおよそ1ヶ月単位で繰り返しています。

それでは、不要になった子宮内膜が腟からではなく、卵管へ逆流してしまったらどうなるでしょうか?あるいは子宮の筋肉の中に入ったらどうでしょうか?

他の場所に行ってしまった子宮内膜組織は、本来は体の免疫機能で排除されます。

しかし、その排除がうまく機能しない場合があるのです。

すると、子宮内膜組織がその場所でとどまり、生理周期に合わせて薄→厚→出血→薄→厚→出血→...を繰り返していきます。

この過程で、子宮以外の場所で何度も出血と炎症が繰り返されます。

これが子宮内膜症です。

子宮内膜症は生理が来る度に病気が進んでいきます。

1-2. どうして子宮内膜症にかかる女性が増えているの?

先ほども申し上げましたが、子宮内膜症は生理が来る度に病気が進んでいきます。

現代女性は、ひと昔前の女性に比べて、生理の回数が圧倒的に多いのです。

これは、晩婚化や晩産化による社会的な背景が絡んでいると考えられます。

ひと昔前の女性は、初経(初めて生理が来ること)が15-18歳頃にありました。

そして、生理が始まると、すぐに結婚し、結婚後は何人も子供を産みました。

赤ちゃんを妊娠している期間は生理が止まります。

出産して授乳中も生理は止まったままで、その授乳期間に次の子供を妊娠するということが多かったわけです。

 

こうなると、ひと昔前の女性のおおよそ平均的な生理回数は以下のように推測されます。

16歳で生理開始。1年間で12回生理が来るとして、結婚までの2年間で24回。

18歳で結婚し妊娠

→19歳で出産、授乳を経て次の妊娠

→21歳で出産、授乳を経て次の妊娠

→.....繰り返し

平均して5人前後を出産し、35歳前後で子供を産み終わり、以降は50歳で閉経するとして、12回×15年間=180回。

つまりひと昔前の女性の生理回数は多く見積もっても200回程度となります。

 

現代女性の生理回数についても推測してみます。

12歳で生理開始。

平均結婚年齢は30歳。

子供は1-2人出産すると家庭。

すると、12-30歳までの18年間で生理は12×18=216回。

33歳で子供を産み終わり、その後50歳の閉経までの17年間で生理は12×17=204回。

ここでは子供を2人出産するとしていますが、子供を出産しない女性も多いため、少なく見積もっても420回の生理があることになります。

 

このように、昔とライフスタイルが変わり、女性の晩婚化、晩産化、そして社会的な未婚、未産が増えたことで、女性が生理になる回数が圧倒的に増えたのです。

子宮内膜症は生理回数が多いほど進行する病気なので、生理回数の増加が、子宮内膜症で苦しむ女性が増えた原因と言えるでしょう。

 

1-3. 子宮内膜症の症状

子宮内膜症は、子宮内膜組織が紛れ込んだ場所に応じて様々な症状を引き起こします。

①子宮へ紛れ込んだ場合

子宮内膜が子宮の筋肉へ紛れ込んだ場合を「子宮腺筋症」と呼びます。

子宮内膜組織は子宮の中にバラバラと紛れ込み、紛れ込んだ部位は腫れます。そして腫れた部位は生理の度に炎症を繰り返し、強い生理痛と過多月経(生理の出血が多いこと)が起こります。

その他にも、子宮が炎症状態にあるため赤ちゃんの着床を妨げてしまいます。

 

②卵巣へ紛れ込んだ場合

卵巣へ子宮内膜組織が紛れ込むと、チョコレート嚢胞(別名、子宮内膜症性嚢胞)と呼ばれる卵巣腫瘍が発生します。その名の通り、卵巣の中にチョコレート色の液体(血液が古くなったもの)が溜まり、卵巣に炎症を起こし続けます。

卵巣は古い血液に触れている状態が続くため、卵子の質も悪くなり、不妊症の原因となります。また、40歳以上で放置しておくと卵巣がんの原因にもなります。

さらには、チョコレート嚢胞の周りで癒着が起こり、卵管も癒着して卵管閉塞が起こります。

③お腹の中へ紛れ込んだ場合

腸管と子宮や卵巣の癒着を引き起こし、便秘、排便痛や性交痛の原因となります。

お腹の中に炎症が起きている状態が続くため、排卵された卵子にも損傷を与えます。

生理痛も強くなります。

 

④子宮内膜症という病気が存在しているだけで脳卒中や心筋梗塞に!?

子宮内膜症は①〜③で述べたように、どの部位に存在していても炎症を引き起こします。

体に慢性的な炎症が起きていると、血管にも影響を及ぼします。

子宮内膜症による炎症が数十年続くと、血管内皮機能(血管を健康に保つための維持機能)が悪くなり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まることが最近わかってきました。

 

症状まとめ

子宮内膜症の病気がどこにあるかによって、それぞれ出現する症状が違うのがポイントです。

子宮内膜組織が紛れた場所 症状
①子宮 生理痛、過多月経
②卵巣 不妊症、卵子の質低下、卵巣がん、卵管閉塞
③お腹の中 腹痛、便秘、排便痛、性交痛
④子宮内膜症が存在しているだけで 脳卒中、心筋梗塞などの心血管リスク上昇

 

 

2. 子宮内膜症と診断するための検査

それでは子宮内膜症はどのように診断すれば良いのでしょうか?自分で診断はできるのでしょうか?

結論から言えば、自分では診断できません。

もし、生理痛が強かったり、年々生理痛がひどくなっているなら、婦人科へ行きましょう!

そして、子宮内膜症の確定診断はいまだに「腹腔鏡検査」です。

腹腔鏡検査とはお腹に5-10mmの穴を開けて、そこからカメラを入れ、お腹の中の状態を観察する検査です。

 

しかし、検査でお腹を開けるのは体への負担が大きく、全例に行われるわけではありません。

ほとんどの場合、症状から子宮内膜症を疑って、他の補助的検査をしていき、子宮内膜症の疑いがある時点で治療に移ります。

2-1. 問診(症状を確認する)

まずは症状を確認します。

生理痛 痛み止めを飲まないと乗り越えられないくらい痛みが強いか?痛み止めの量は?年々痛みはひどくなっているか?
生理以外での下腹部痛 生理以外でお腹の痛みがあるか?
腰痛 生理の時に腰に重たい痛みがあるか?
排便痛 排便時にお腹の奥の方が痛いか?
性交痛 性交時に奥に痛みがあるか?
不妊症 避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しないか?
生理出血の多さ 夜用ナプキンを日に何度も変えるくらいの量か?

 

2-2. 内診、採血

続いて内診台で検査します。

内診 子宮の動きが悪くないか(癒着の有無)。チョコレート嚢胞は触れないか。子宮を動かした時に痛みがないか。
エコー 子宮に子宮腺筋症を疑うような影がないか。卵巣にチョコレート嚢胞はないか。子宮と腸管は癒着していないか。
採血 過多月経による貧血はないか。腫瘍マーカー(子宮内膜症の病気の勢いを示す。CA125、CA19-9など)をチェック。

 

2-3. 画像検査

総合病院であれば、上記に加え、MRIやCTなどの精密機器を用いてさらに詳しく検査する場合もあります。

MRI検査 子宮や卵巣の病気を写すのに優れている。婦人科では子宮や卵巣に腫瘍などの病変があれば、ほぼ必ず撮影する。
CT検査 MRIと組み合わせて撮影する場合がある。より体の中の情報が得られる。

 

-婦人科一般
-,

Copyright© まるギネ(まるわかり産婦人科ガイド) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.