不妊治療用語解説

着床前診断について詳しくかつわかりやすく解説します。

更新日:

着床前診断について知りたい方へ

現在不妊治療中で、自分の受精卵に遺伝子異常があるのかどうかを知りたい、妊娠する前に調べられる方法があれば知りたい、それをできる病院を知りたいと思っていませんか?

本記事では下記の内容を解説します。

 

1. 着床前診断とは

体外で受精した胚(受精卵が成長したもの)から、細胞を採取して、染色体や遺伝子の異常を調べる検査のことです。

以下で図を用いで解説していきます。

1-1. 着床前診断でわかること、できること

着床前診断をすることにより、胚に遺伝子や染色体の異常があるかどうかが分かります。

胚とは、不妊治療において、卵巣から採取した卵子に精子を受精させ、体の外で培養した赤ちゃんになる手前の卵のことです。(この受精方法を体外受精と言います)

この検査によって、遺伝子や染色体の異常を持たない可能性が高い胚だけを、子宮に戻して育てることができ、遺伝子や染色体異常による流産を未然に防ぐことができます。

1-2. 着床前診断の検査方法

着床前診断は以下の流れで検査をします。

①卵巣から卵子を採取します。

②採取した卵子を精子と受精させます。

③受精卵を培養液中で育てて胚に成長させます。

④胚から1-2個の細胞を採取し、染色体や遺伝子の検査をします。(最近は4細胞期、8細胞期の胚よりも胚盤胞まで育ててから細胞を採取することが多いです。)

⑤検査で遺伝子異常や染色体異常が見つからなかった胚を子宮に戻し、妊娠させます。

1-3. 着床前診断が適応となるカップル

着床前診断はどんなカップルでも利用できる検査ではありません。

現在、日本ではあまり普及されておらず、技術的、倫理的な観点から、検査を実施できる施設や責任者が限られており、検査対象となるカップルについても厳密に審査しています。

着床前診断の適応となるカップルは以下の通りです。

①夫婦どちらかに、遺伝子変異や染色体異常があり、そのために重い遺伝性疾患がある子供を出産する可能性のある場合

②均衡型染色体構造異常が原因と考えられる習慣流産(反復流産を含む)がある夫婦

③夫婦の強い検査希望と、夫婦間で検査することへの合意が得られている場合

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

①夫婦どちらかに、遺伝子変異や染色体異常があり、そのために重い遺伝性疾患がある子供を出産する可能性のある場合

遺伝性の病気全てに着床前診断ができるわけではありません。病気によって、重症度、子供に遺伝する確率、両親にかかる負担などが違うため、一概には決めることができないからです。

遺伝性疾患で検査できるかどうかについては日本産科婦人科学会が、対象者を調べて決定しています。

②均衡型染色体構造異常が原因と考えられる習慣流産(反復流産を含む)がある夫婦

習慣流産とは3回以上連続した流産を繰り返す場合を言います。反復流産は2回の流産を繰り返す場合とされます。

染色体異常による流産といっても、原因は大まかに2種類あります。1つ目は染色体の数の異常、2つ目は染色体の構造の異常です。

何度も流産をしてしまう原因が、夫婦の染色体構造異常によると考えられる場合には着床前診断の対象者となる可能性があります。

染色体構造異常は、均衡型と不均衡型に分けられます。

簡単に言えば、均衡型の染色体構造異常とは、染色体異常があっても、その異常が見た目や身体機能に現れていない状態のことです(見た目は正常な人で生活にも特に困らないが、染色体に異常が隠れていて、子供を作るときに問題になってくる)。

不均衡型はその反対で、染色体異常によって見た目や身体機能に異常をきたしてしまっている状態です。

③夫婦の強い検査希望と、夫婦間で検査することへの合意が得られている場合

上記2点のいずれかに加えて、夫婦で倫理的な問題があることについてちゃんと考えた上で、夫婦2人ともが検査を望んでいる必要があります。

2. どうして日本では着床前診断が普及していないのか

2-1. 着床前診断が孕む技術的、倫理的な問題

着床前診断には、採卵、受精卵の培養、子宮への移植だけではなく、胚からの細胞の採取など、高度な医療技術と知識が必要です。

これら全ての医療技術を行える施設や人は限られています。

また、これらに加えて、着床前診断を行うには、遺伝子・染色体異常に関する専門的な知識と、それをわかりやすく患者に説明できる能力を持った人が必要です。

倫理的な問題としては、「胚」の染色体や遺伝子異常を検索し、「正常」な胚のみを子宮に戻すという「命の選別」に慎重な意見が多くあります。

例えば

・受精卵や胚は、人間の「元」であり、人間が人間に直接手を加え、選別することが良くないのではないか

・異常が見つかった胚を廃棄することは、障害をもつ可能性がある子供を避けるということに繋がりかねず、障害者の差別や障害者の排除を助長しかねない

といった意見が挙がっています。

障害を持つ子供を持つ親や家族からは反対や慎重な意見が多く挙がっており、宗教的な問題も孕んでいます。

2-2. 着床前診断、今後の方向性

日本ではあまり普及していない着床前診断ですが、海外では、この技術がどんどん取り入れられており、不妊治療に革命とも言える動きが出つつあります。

着床前診断は、ヨーロッパでは2007年までに5,000人以上が、着床前診断に制限がない米国では、60,000人以上が実施されたと推測されています。

その他にも、世界中の多くの国々で着床前診断は実施され、近年では非常に一般的な検査となってきました。

米国、オーストラリア、英国、フランス、ベルギー、北欧、ロシア、ギリシャ、トルコ、アルゼンチン、中国、韓国、インド、タイ、マレーシアなど、ほとんどの国で実施されています。

日本では、移植する「胚」を、見た目で選ぶのが(形態学的評価)一般的です。

見た目が整っている胚が妊娠しやすいという考えのもとで、胚をグレードで分けて、最もグレードの高い胚から移植していきます。

しかしながら、見た目のみでは染色体異常(中身)についてはわからないため、グレードが高い「良質」と考えられる胚を移植しても流産に終わってしまうことが多々ありました。

海外では、胚の評価方法が「形態学的」な方法から「遺伝学的」な方法へと変わりつつあります。

簡単に言えば、これまでは見た目で一番良さそうな胚を選んで移植してきたけれども、胚の細胞から染色体異常が分かるようになったので、染色体異常がない胚を選んで移植していこうということです。

これにより、一回の移植あたりの妊娠率が向上し、流産率は低下しました。

不要な流産を避けることで母体への負担を軽減できるだけでなく、精神的なショックも軽減できる可能性があります。

今後、海外でさらに着床前診断や着床前スクリーニングが一般的となり、移植する胚を選ぶのに、見た目よりも染色体異常の有無が基準となっていくと考えられます。

倫理的、社会的問題を抱えてはいるものの、日本でも早い段階で最新の技術を導入し、不妊治療に活かしていくことが求められています。

2-3. 現時点で着床前診断を実施している施設

京野アートクリニック高輪(東京都)
さわだウィメンズクリニック名古屋不妊センター(愛知県)
絹谷産婦人科(広島県)
HORACグランフロント大阪クリニック(大阪府)
加藤レディスクリニック(東京都)
蔵本ウィメンズクリニック(福岡県)
俵IVFクリニック(静岡県)
足立病院(京都府)
ミオファティリティクリニック(鳥取県)
札幌医科大学のレディースクリニック(北海道)
木下レディースクリニック(滋賀県)
クリニックママ(岐阜県)
英ウィメンズクリニック(兵庫県)

上記に挙げた施設以外にも着床前診断実施可能施設はあります。詳しくはお近くの不妊治療クリニックの医師に尋ねてみてください。

万が一、着床前診断の話や、実施施設について、詳しく説明できないなら、そもそも、そのクリニックに通うことはおすすめできません。

 

まとめ

今回は着床前診断について解説しました。
着床前診断によって、流産回数の減少、母体の負担軽減が期待されます。
一方で、命の選別につながるのではという倫理的議論があり、なかなか普及しづらいのが現状です。
今後は海外の環境に追従していく形で、胚を外見(形態学)ではなく中身(染色体)で評価する時代になることが予想されます。

-不妊治療用語解説
-

Copyright© まるギネ(まるわかり産婦人科ガイド) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.